ものづくり

Craftsmanship

最高品質の「ものづくり」を

芦穂崎工業の原点

機械加工
2500mm×6000mmの五面加工機。量産品はもちろん、受注生産品にも対応。
1938年12月、横浜市鶴見区にて発足した芦穂崎工業の前身、芦穂崎製作所。当初は機械加工会社としてスタートしました。80年近く経った現在では車両の完成組み立てまで行う一貫生産体制を確立していますが、その原点は「機械加工」にあります。

世界レベルの技術者を目指して

量産品から試作・製缶まで

溶 接

現在も日本の「ものづくり」を支えているのは溶接技術です。芦穂崎工業では溶接ロボットを使用した量産品の溶接はもちろん、熟練した技術者の手による溶接が重要だと考えています。特に製缶技術を得意としており、受注生産の大型物件などはいただいた図面から一品一品手作業で完成させます。

製缶…当社では鋼材から機械加工、溶接の技術を駆使し立体的な製品を作り上げること。
ロボットの魅力は安定した品質です。特に量産品の溶接には有効活用しています。
製缶には材料の特性や熱影響など総合的な知識が求められます。溶接技術者はもとより、生産技術のエンジニアや営業担当などのサポートもいい製品を作るには欠かせません。

「完璧」の追求

製品に最高の仕上がりを

塗 装

芦穂崎工業は2008年に塗装工場のリニューアルを行いました。 部品単位から大型物件まで、幅広いサイズに対応できるように設備を設けています。

「静電塗装」により、吹き付け時の塗料の散布を最小限に抑え環境負荷も少ない工場を目指しています。
車両の部品はすぐに次工程の組立で必要になります。塗装後はそのまま乾燥炉に入り、ジャストインタイムで組立工場へと運ばれます。

付加価値は「品質」

絶対保証品質への挑戦

組 立

塗装まで完了した「部品」は、この組立の工程を経て「製品」となります。(ホイールローダ、フォークリフトなど) 品質・納期・コストのあらゆる面でお客様に満足していただけるよう、日々高効率化を目指しています。

完成した車両は十分な検査が成された後、お客様へのもとへ届けられます。